2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!
プロフィール

::glico::

Author:::glico::
30代中盤。育児休暇中。

2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!

■2006年10月~2007年7月
 自己流タイミング実施。

■2007年8月
 初めての妊娠。7Wで完全流産。

■2007年10月~2008年2月
 自己流タイミング再開。

■2008年3月~2009年2月
 病院デビュー。
 検査&タイミング治療。

■2009年3月~2009年5月
 AIHを3回実施。NG。

■2009年6月
 KLCへ転院。完全自然周期で
 IVFトライするも採卵できず。

■2009年7月(IVF1回目)
 完全自然周期で採卵・移植
 (新鮮胚4分割) → 陰性。

■2009年8月(IVF2回目)
 クロミフェン周期で採卵
 胚盤胞になるも成長が止まる。

■2009年9月(IVF3回目)
 クロミフェン周期で採卵。
 2個の胚盤胞を凍結。

■2009年11月
 胚盤胞移植→ 陽性を頂きました

■2010年7月
 出産しました☆

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【生理周期:18日目(高温期1日目) 今朝の体温:36.69℃】

今朝、ばっちり体温上がっていました。
また、昨日の夜、排卵検査薬してみて、まったく線がでないことも確認済み。
昨日の予想のとおり、ちょうどAIHの翌日に排卵した模様。
やはり、どれだけ精子クンたちが長生きしてくれたかってことにかかっています。
卵子と出会えたかな~?

以下は、つらつらとAIHの当日の様子を書いていきます。

朝、病院への準備でバタバタアセアセしているところ、
「あと30分くらいで家を出るからよろしくね(ひとりでとってね)」というと
「ええ~、一緒にとってよお」って。

(心の声)
「はあ?そのくらいひとりでしてよね。
わたしは、会社都合つけて、病院通って、足開いて、薬飲んで、太らされて。
これからのAIHだってわたしひとりで病院行ってる間、あなたは家でのんびりしてるんでしょーが」

怒

ってカチーンきましたが
月に一度の大事な排卵前、ここはオオゴトにしてはならぬとぐっとがまん。
ちょっと引きつりながらも手伝ってあげました。

たかが「一緒にとって」って甘えてこられただけなのに、
こんなにカチンとくるなんて、結構鬱憤たまってるんだわ私。いかんいかん。(>_<)

そして病院へ。
精子の事前準備に1時間かかるというので、病院を出て、マックで読書。
カフェインは良くないにもかかわらず、コーヒー2杯も飲んでしまった。

1時間後、病院へ戻りました。
そして処置室へ。処置室への立ち入りは今回が初めてです。
いつもの診察台と違って、雑然とした部屋の真ん中に処置台があります。
処置室では、先生、看護士さん、培養士(?)さんがウロウロしているなか、
処置台にのっかって足を開きます。

ああ~、いやじゃ~いやじゃ~。

「違うの、不妊は病気なの。病気のときはプライバシーとか気にしていられないでしょ。
自分が健康体だと思うから恥ずかしいのであって、あんたは病気なの!!」


と変なロジックで自分を落ち着かせます。病気なんだもん、仕方ないじゃん。ぐすん。涙

名前を2度確認され、処置開始。
なにやらぐいぐいと押し広げられている感覚。
いつ準備が終わるのかしらと思ったら、あっけなく「はい、終了」ですって。
あっという間でした。

それから10分間、処置台で休みます。
初処置室だったので、目に入るもの全てが珍しい。
培養士さんは作業を継続しています。

培養士さんが冷蔵庫?から、ケーキスタンドのようなものを取り出しました。
もちろん載せられているのはケーキじゃないです。シャーレでした。
それを無菌ボックス(えーと、手だけ入れて作業するような箱状の作業台)にいれ、
ケーキスタンドからシャーレを取り出しました。
シャーレのふたをあけ、大きなスポイトから何か注入しています。
(おお~、あれって受精卵??)

そして冷蔵庫に目を戻すと、扉の液晶パネルに「36.6」の表示。
体温を保ってるんだなー。冷蔵庫だと思ってたけど、違うんだ・・・。

そして、処置台脇の作業台に置かれた、ダンナの精子をとってきたカップは、
他の雑多なものと一緒に集められ、カシャンと廃棄物入れに入った様子。
なんか切ないわ・・・。

・・・それにしても、この雑多な処置室
どんな作業プロセスが組まれていて、どんなマニュアルが整備されているのか分からないけど、
いつ、間違いがあってもおかしくない状況に見えてしまいます。
AIH前に名前を2度呼ばれて確認されたものの、
精子を洗浄するときに間違えて別の人のが入るはずの試験管に入れちゃっただとか・・・
間違いがありそうな雰囲気なんですけど・・・。
しかも、わたしの通っている病院は大きくないので
複数人体制でクロスチェックとかやってない(というか人員がいなくてできない)だろうし、
2月に報道された「受精卵取り違え」が遠くの話ではないんだなと感じました。

ほんとは自然妊娠できれば、こんな心配しなくていいんだけどね。
しかたないけどさ。

ちなみに、AIH後、ほんのり出血&ほんのり腹痛がありました。
当日夜にダメ押し仲良し仕様と思っていたのですが、断念。
抗生物質を処方されて2日間飲みました。

なにはともあれ、妊娠しますように!!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

<< 初AIH、残念でした // HOME // はじめてのAIH >>
初AIHお疲れ様!!
雑多な処置室ってのが気になるけどw
裏方ってそういうもんなのかねぇ・・。
雑多だっていいけどさ、ミスだけは十分気をつけてほしいね。

しかし、どこのダンナも同じこと言うなぁ(笑)
ってか、ぐりちゃん優しい☆
私は精液検査で採取してもらう時同じこと言われたけど
「やだよ!私はこれから一人で病院行って何時間も待たされるんだから
今は休みたいんだっ!」
とか言って頑固に拒否ったもん(^^;
たまにゃダンナだって一人で頑張って欲しいもんだーねw

ホント、何はともあれ妊娠しますように!(-∧-)
【2009/04/01 Wed】 URL // 湊 #- [ 編集 ]
湊ちゃん♪
お祈りありがと!!湊ちゃんが言ってくれると効きそうだわー。

湊ちゃんはダンナサマに強いんだね!
頑固に拒否ったんだ~、う・うらやましい・・・。
一回くらい強く出てみたい~。

ほんと不妊治療って女性ばっかりがんばってる感じになって
ダンナの気持ちや行動が見えてこないってのが
なかなか辛いつらいところだよなーとしみじみ思うよ。。。
もっと治療に巻き込んでやりたい!けど
巻き込むネタがない・・・。

ダンナの扱いってホント難しいよねぇ~。
【2009/04/02 Thu】 URL // glico #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://iwannabemammy.blog18.fc2.com/tb.php/67-7fc20bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。