2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!
プロフィール

::glico::

Author:::glico::
30代中盤。育児休暇中。

2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!

■2006年10月~2007年7月
 自己流タイミング実施。

■2007年8月
 初めての妊娠。7Wで完全流産。

■2007年10月~2008年2月
 自己流タイミング再開。

■2008年3月~2009年2月
 病院デビュー。
 検査&タイミング治療。

■2009年3月~2009年5月
 AIHを3回実施。NG。

■2009年6月
 KLCへ転院。完全自然周期で
 IVFトライするも採卵できず。

■2009年7月(IVF1回目)
 完全自然周期で採卵・移植
 (新鮮胚4分割) → 陰性。

■2009年8月(IVF2回目)
 クロミフェン周期で採卵
 胚盤胞になるも成長が止まる。

■2009年9月(IVF3回目)
 クロミフェン周期で採卵。
 2個の胚盤胞を凍結。

■2009年11月
 胚盤胞移植→ 陽性を頂きました

■2010年7月
 出産しました☆

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【生理周期:17日目 今朝の体温:36.27℃】

昨日、初AIHしてきました~。注射
にもかかわらず、今朝は体温がまだ低く、排卵していない様子。
タイミングあってるのか、外したのか、まじで気になって仕事になりません。。。
kao06

しかたないので、整理してみました。

これまでの経緯

3/26(D13) 17:00 超音波検査 左16mm。3日後(D16)に排卵といわれ、AIHを予約。
3/28(D15) 09:00 排卵検査1回目 うっすら(まだ陰性)
        20:00 排卵検査2回目 まあまあ(検査1回目より濃い)
3/29(D16) 09:00 排卵検査3回目 陽性と思われる濃さ
        12:00 AIH
        22:00 排卵検査4回目 まあまあ(検査3回目より薄くなったのでLHのピークは超えた)
3/30(D17) 07:00 体温36.27℃ まだ排卵しないのか?体温が上がらない


Web上での参考情報

1. 排卵のタイミングについて
Webから抜粋
・LHサージのピークから24時間~36時間の間で排卵する。
→排卵検査薬陽性後、24時間~36時間は排卵しないとすると、AIHのタイミングが一日早かったな・・・とがっくりしていたところ、以下のような情報を発見。

・LHサージは、まったくフラットなレベルから立ち上がった時を起点とすると、そこから約36時間+数時間後に排卵します。ピークからだと約12時間+数時間後です。
・LHサージの開始から終了まではおよそ48時間(ピークの山までが14時間ほど、山の状態で14時間ほど維持、下降していくのに20時間かかるそうです)
・排卵は、LHサージの開始からおよそ36時間後(ピークからの下降途中)に起こる
・排卵検査薬が陽性反応を示すのは、LHサージの期間中のだいたい24時間程度


2. 洗浄精子の生存期間について
いずれもWebから抜粋
・精子の寿命は6時間程度である。
・洗浄後の精子の寿命は6~12時間、ごく稀に24時間ということもある。
・洗浄濃縮のAIHの精子は自然の性交渉の場合に比べると受精可能期間は短縮するかもしれませんが、2日程度は保たれると思われます。
・私はAIHした日にHCGをうったので、36時間後の排卵でしたが、妊娠しましたよ。


生存期間は6時間~36時間・・・・。
幅がありすぎてなんともいえないYO。えーん

今回の状況予測

排卵検査薬の陽性度をたよりに、以下の想定を置いて、線引きしてみました。

想定1. 3/29 9:00の排検3回目の5時間後がLHサージのピークと考える。
 ・・・足し算引き算で、LHサージ開始時期は3/28 17:00。排卵は3/30 03:00。
想定2. 精子の生存期間は楽観24時間と悲観6時間の2パターンを想定。
想定3. 排卵後1日目(3/30)は体温が低いままであると考える。

予測結果がこちら。
bb.jpg
なぜか真っ黒ですが、大きくすると見えます。
でもあんまり気にしないでください。自己満足なチャートです・・・。

結論

精子クンたちが6時間しか生きられなかったとすると、残念ながら卵子と出会えず死滅。
精子クンたちが14時間以上生き延びてくれた場合、へろへろながらも卵子と会えたかも。


結局は精子クンたちがどれだけ長生きしてくれるかってところにかかってます。
分析したのは良いものの、次回からどういう対策をとれば良いのか・・・。
改善策の見えない現状分析でございました。

悩みは尽きませんね。
ぐっすん。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

<< はじめてのAIH その2 // HOME // ちょっとずつナチュラルライフ (オリブ油) >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://iwannabemammy.blog18.fc2.com/tb.php/66-f1a8fc5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。