2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!
プロフィール

::glico::

Author:::glico::
30代中盤。育児休暇中。

2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!

■2006年10月~2007年7月
 自己流タイミング実施。

■2007年8月
 初めての妊娠。7Wで完全流産。

■2007年10月~2008年2月
 自己流タイミング再開。

■2008年3月~2009年2月
 病院デビュー。
 検査&タイミング治療。

■2009年3月~2009年5月
 AIHを3回実施。NG。

■2009年6月
 KLCへ転院。完全自然周期で
 IVFトライするも採卵できず。

■2009年7月(IVF1回目)
 完全自然周期で採卵・移植
 (新鮮胚4分割) → 陰性。

■2009年8月(IVF2回目)
 クロミフェン周期で採卵
 胚盤胞になるも成長が止まる。

■2009年9月(IVF3回目)
 クロミフェン周期で採卵。
 2個の胚盤胞を凍結。

■2009年11月
 胚盤胞移植→ 陽性を頂きました

■2010年7月
 出産しました☆

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日7W1Dです。
振り返って5日前の記事を書いています。

6W2Dの日曜日。
わたしは休日出勤で会社にいました。

なかなか作業が予定通りに進まない中、夫からメールが。

「具合悪い。」

こちらも仕事中なのでいったん無視して、再度仕事に戻ります。

するとまたメールが。

「38℃超えた」

さすがにかわいそうなので、「ゆっくり寝ててね」と返事をしました。

さらに30分後、またメールが。

「38.5℃超えた。からだ全体痛い。吐いた。インフルエンザかも。」

あっちゃー。
なんてタイミングが悪いの!

妊婦だけどまだ新型インフルエンザのワクチン打ってないし。
季節性インフルエンザの予防接種すら、タイミングがあわずうててない。



「とりあえず寝てて。あと4時間くらいで帰れます」と返事をしました。

すると

「帰ってこなくていい。今日は実家に帰りなさい。今から病院行ってくる」

ですって。
病気の時はいつも甘えん坊になるダンナが、なんと思い切った決断!

インフルエンザ患者の側に寄るのはそりゃイヤですが、
だからといって苦しんでるだんなを見捨てて実家に帰るのは、さすがにできない。

お互いマスク着用、ダンナとは別室で過ごす、接触前後で除菌ジェルを徹底すればきっと大丈夫なはず、
と、覚悟を決めて帰りました。

**

家に帰るとダンナがうなっていました。
病院では、発熱後5~6時間しか経過していないことから検査キットで陽性がでず、
頓服と鎮痛剤だけもらって帰ってきただけということ。

マスク着用で接触。みかんとりんごを食べさせ、薬を飲ませたら、私も早々に別室へ引き上げます。


**

翌朝ダンナの部屋にいくと、けろっと熱が下がったダンナが携帯でテレビを見ていました。
あれ?インフルエンザだったらこんなに簡単に熱下がらないはず・・・。
念のため病院に連れて行きました。→ やはりインフルエンザ陰性。

??

あのひどい症状、あんなにきつそうだったのにタダの風邪??

タダの風邪でした。

いろいろ覚悟を決めて臨んだので、拍子抜け。

でもインフルエンザじゃなくて本当に良かった。そうだそうだ。


ちなみに、妊娠初期の3ヶ月間に母親がインフルエンザに感染すると、
将来子供が統合失調症を発症するリスクが7倍になるという話もあるらしいです。
まあ、ほんとうに良かった。

妊娠6週での、ダンナのインフルエンザ疑惑でした。
それにしてもタダの風邪でもこんなにツライこともあるんですね。
どちらにしてもうつらなくて良かった。


にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:妊娠初期(1~4ヵ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。