2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!
プロフィール

::glico::

Author:::glico::
30代中盤。育児休暇中。

2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!

■2006年10月~2007年7月
 自己流タイミング実施。

■2007年8月
 初めての妊娠。7Wで完全流産。

■2007年10月~2008年2月
 自己流タイミング再開。

■2008年3月~2009年2月
 病院デビュー。
 検査&タイミング治療。

■2009年3月~2009年5月
 AIHを3回実施。NG。

■2009年6月
 KLCへ転院。完全自然周期で
 IVFトライするも採卵できず。

■2009年7月(IVF1回目)
 完全自然周期で採卵・移植
 (新鮮胚4分割) → 陰性。

■2009年8月(IVF2回目)
 クロミフェン周期で採卵
 胚盤胞になるも成長が止まる。

■2009年9月(IVF3回目)
 クロミフェン周期で採卵。
 2個の胚盤胞を凍結。

■2009年11月
 胚盤胞移植→ 陽性を頂きました

■2010年7月
 出産しました☆

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりの忙しさにぜーんぜん記事かけず、約1週間前のことになっちゃいました。すみません・・・。

11/21(土)、この日は5W2Dでした。はやくもBT19になりました。
KLCでの胎嚢確認の日でした。

タマゴちゃんの成長を気にしすぎて病まないようにとの神様の計らいか、
判定日翌日のBT8から嵐のような忙しさに翻弄されていました。
完全にキャパ超えであふれそう。(今も継続中・・・。)

そんなこともあり、胎嚢確認にあたっての事前調査もほんのちょっとしただけ、
だいたいサイズは10mm程度あればOKなのかなという知識程度で臨みました。

まず9階で再診受付機にカードを通し、問診表に記入します。
問診表の「今日の診察目的」的なチェック項目、何にチェックをすればいいのか一瞬分かりませんでした。
「妊婦検診」に当てはまるのかな。。
ちょっとほろ苦いこそばゆい気分。私、妊婦って言っていいのかな。

血液検査はなく、内診でした。

モニターを見ます。均一に砂をまいたような子宮の画像に、
一部ぼんやりと黒くなっているところがありました!
先生が「これが胎嚢ですね~」と言って、サイズを測ります。

8.6mm。

ああ、よかった。見えた。

2007年に流産した時は、子宮に胎嚢が見えないままHCGの値が上がっていって、
子宮外妊娠の診断を下され、大学病院を紹介され、手術日調整中に完全流産したのでした。
このとき、子宮じゃないところにくっついてしまった命に対して、
わたしは、
手術する前に自然に流れてくれないだろうかと毎日思っていました。
せっかく授かった命なのに。
だけど手術は怖い。破裂も怖い。
そう思ってしまう自分に嫌悪しながら最悪な数日間でした。

でも今度こそは。よかった。子宮内にいてくれた。

胚盤胞移植は分割胚移植と違って、卵管回帰がないという話を聞いたことがあるので、
BTで子宮外妊娠の可能性は低いだろうとは思っていましたが、やっぱり恐れていた。
なにも考えられず、ココロからほっとしたのでした。

その後、診察。

サイズについての知識しかなかった為、「8.6mmって小さくないでしょうか」という質問しかできず、
先生には「普通です」と普通に返され、終了。
次は10日後目安だそうだ。次は心拍の確認ということ。
超音波写真をいただきました。

待合室で超音波写真を見るわけにいかないので、
エレベーターホールの扉の奥まで行き、手帳に挟んだ写真をこっそり見ました。
涙が出ました。ありがとうという感謝の気持ちでいっぱいでした。


家に帰ってきてから、いろいろ先生に聞くべきだったことが思い浮かんできました。

■一般的にみるような、まんまるで、ブラックホールのように黒い胎嚢じゃないけど大丈夫か。
 そもそも縦長ってどういう事?(形的にはきゅうりみたいです。)

■産院はまだまだ探さなくて大丈夫なんだろうか?お産難民っていう話も聞くけど。。。

■そもそもこんなにハードに働いてて大丈夫か?

■休日くらいはできるだけ安静にしていたほうがいいのか?

■体温は測り続けないといけないのか?(すでにサボり始めていましたが・・・。)


などなど。

あれだけ診察室でなーんにも浮かんでこなかったのに、いまさら浮かんできても遅いよ~。
結局聞けなかったので、

形は気にしない。
仕事はがんばる。
休日も普通にすごす。
体温はもうはからない。


ってことで、胎嚢確認後の1週間過ごしてきましたが、産院だけは気になってます。
できれば、2年前の流産の時にお世話になった大学病院で産みたい。
(悲しい思い出でしたが、看護士さんや先生が本当にやさしかった)

もう6W入りました。
大丈夫かな。。
ちゃんと育ってくれてるのかも心配だし、心配事は尽きないものです。

以上、無事に胎嚢確認できたご報告でした。



にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:妊娠初期(1~4ヵ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。