2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!
プロフィール

::glico::

Author:::glico::
30代中盤。育児休暇中。

2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!

■2006年10月~2007年7月
 自己流タイミング実施。

■2007年8月
 初めての妊娠。7Wで完全流産。

■2007年10月~2008年2月
 自己流タイミング再開。

■2008年3月~2009年2月
 病院デビュー。
 検査&タイミング治療。

■2009年3月~2009年5月
 AIHを3回実施。NG。

■2009年6月
 KLCへ転院。完全自然周期で
 IVFトライするも採卵できず。

■2009年7月(IVF1回目)
 完全自然周期で採卵・移植
 (新鮮胚4分割) → 陰性。

■2009年8月(IVF2回目)
 クロミフェン周期で採卵
 胚盤胞になるも成長が止まる。

■2009年9月(IVF3回目)
 クロミフェン周期で採卵。
 2個の胚盤胞を凍結。

■2009年11月
 胚盤胞移植→ 陽性を頂きました

■2010年7月
 出産しました☆

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は凍結胚盤胞移植の結果判定日でした。
今日は一日仕事トラブルでバタバタだったので、記載が遅くなってしまいました・・・。

結果・・・

ちゃんと着床してくれているみたいです!!!感動!!

βHCGの値が低めだったり、まだまだ不安はありますが、
お腹の中のタマゴさんを信じていきたいと思います。

***

判定日詳細

午後イチで行こうと思っていたのですが、なかなか仕事から抜け出せず、遅くなってしまいました。
16:30ちょっと前にKLC到着。

なんか9階も4階もガラガラで、なにかあったのかと思ったくらい。
一時的に9階にはわたし一人しかいないという状況もあったほど。
すきすぎていて、「わーい、すいてる!」というより、気持ち悪かったです。

受付後、4階におりて、さらにすぐに10階で採血。
注射器に吸い込まれていくドス赤い血を見ながら、
「この血にHCGはふくまれているのかなぁ・・・」とはぁ~と深いため息をついたら、
看護士さんが「大丈夫ですか、ごめんなさいね。すぐ終わりますからね」と声を掛けてくれた。
きっと「この人、採血で気分悪くなりそうなんだ」と思ったんだと思います。

そして9階で待つ。
あまり期待していなかったので、不謹慎にもコーヒーを飲みながら。
小説を持っていったのですが、全然集中できないので、
雑誌をパラパラめくって時間を潰しました。

そして17:40、4階への呼び出し表示。
4階へ下りてファイルを提出すると、程なく呼ばれました。

ドアを開ける。あ、無愛想な先生だ。
恐る恐る入室。

椅子に座る前に
「glicoさんね、妊娠してますねー」って。

・・・

ええ?????
ほんとですか??


一瞬にして正常な精神状態が吹っ飛んで落ち着きをなくし、
先生とこれからなにを話せばいいのか、まったく忘れ去ってしまいました。

ともすれば沈黙に陥り、もういいでしょ、診察室からでてください的な雰囲気になりそうなところ、
必死で確認すべき事項を考えます。

まず聞いたこと。

■βHCGの値
41.7だって!
あんまりかんばしくない数値に見えました。
先生曰く、「大丈夫ですよ」とのこと。
しかし、机の上に貼ってあるグラフをみると、37歳以下(?)で、βHCGが40-50の場合、
無事に生まれてくる確率(生産率)は7割程度。

7割か・・・微妙。。
しかも40-50の範囲で7割なので、41.7という数値的には65%くらいなはず。。

■ホルモン
黄体ホルモンは自力で出ているので薬は必要ありません、とのこと。
カルテをのぞくと、P4が24と書いてあった。大丈夫か???

■次回の診察
11/20前後に再度診察を受けるとのこと。
で、今日はいわゆる3W5D。

■日常生活
普段どおりで大丈夫。極端なことをしなければ何をしても大丈夫。
・・・・・ほんとか??

それしか聞けなかった・・・。
というか、先生があまりにも無愛想なのと、
わたしも陽性が出たってことでてんぱっちゃってるから、
会話がなかなかかみ合わない感じでした。

会計待ち。
ぼけーっと4階で座っていると、だんだんと実感がわいてきた。
そっか、ちゃんとくっついててくれたんだね。ありがとう。

あ、ダンナに連絡だ。
イメトレしていた通り、「妊娠したよ!やったー」とメールを送りました。
するとすぐに「お祝いしよう。表参道集合。8時」と返信。

20時??
今18時前なんですけど、この状況で2時間待たせるの?
と思いましたが、すぐに、
あ、H&MとFOREVER21で買い物しよう!と思い立ちました。

表参道(というか明治神宮前)到着し、H&Mでお買い物。
コクーンのスカートとか、いろろ試着したものの、
結局はお腹が大きくなっても着れるようなニットワンピを選んでしまった。

H&Mをひととおりみて、FOREVER21に移動する前に、
ダンナから到着連絡があり、待ち合わせしてレストランへ。
23時近くまで飲み(わたしはジュース)、夜更かしして遊んでしまいました。

お祝いのはずなのに、ダンナは超警戒モード。
それもこれも、2007年に流産しているので、
この先うまくいくとは限らないというのが身にしみているから。
わたしももちろん、βHCGが41しかないとか、諸手を上げて喜べない気持ちはわかるのですが、
この段階で喜んであげないと、お腹のタマゴさんがかわいそうなので、
「大丈夫、大丈夫。今回は絶対産むよ!」と強気発言で、ダンナの警戒をときました。

ホントはむちゃくちゃ心配なんですけどね。
でも、今は信じるしかないのです。

がんばれ、タマゴさん!!
そして、ありがとう。来てくれて。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。