2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!
プロフィール

::glico::

Author:::glico::
30代中盤。育児休暇中。

2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!

■2006年10月~2007年7月
 自己流タイミング実施。

■2007年8月
 初めての妊娠。7Wで完全流産。

■2007年10月~2008年2月
 自己流タイミング再開。

■2008年3月~2009年2月
 病院デビュー。
 検査&タイミング治療。

■2009年3月~2009年5月
 AIHを3回実施。NG。

■2009年6月
 KLCへ転院。完全自然周期で
 IVFトライするも採卵できず。

■2009年7月(IVF1回目)
 完全自然周期で採卵・移植
 (新鮮胚4分割) → 陰性。

■2009年8月(IVF2回目)
 クロミフェン周期で採卵
 胚盤胞になるも成長が止まる。

■2009年9月(IVF3回目)
 クロミフェン周期で採卵。
 2個の胚盤胞を凍結。

■2009年11月
 胚盤胞移植→ 陽性を頂きました

■2010年7月
 出産しました☆

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新になってしまいました☆

旅行から帰ってきた直後の1週間は仕事に飲み込まれ、
翌週はシルバーウィークで3泊4日でまたしても旅行に出かけ、
その後、遊び疲れか体調をくずし会社を休み、
復帰したらまたもや仕事はてんやわんや。
そんな中、どうにか時間をつけて、今周期も採卵してまいりました。


■9/9(水) D1
旅行中に生理になるだろうなとは思っていたものの、思いのほか早く来たD1。血痕
帰国は9/12のため、指定のD3受診すらD4でも受診できない。
ちょっと悩みましたが、仕方ないのでD5で受診することを決意。

■9/13(日) D5診察
「D3に来て」って言われているのに二日も遅れての受診だと、
「今周期は機を逃したので採卵できません」なんていわれたらイヤなので、
D4と偽って受診することにしました。(ダメ患者ですみません・・・)
旅行の疲れと時差ぼけもあり、目が覚めたら10:30。
急いで用意して電車に飛び乗るも、新宿到着は既に12:00過ぎ・・・。ガーン。ビックリ
日曜日なので午後診察もない。
翌日はさすがに朝から会社に行かなくちゃいけないので、なんとか受診したい。
自動受付機は終了していたものの、だめもとで4階受付で「どうかお願いします!」と頼み込みkao06
受け付けてもらえました~。
良く聞こえなかったのですが、「こういった対応は3回までですよ」って言われたような・・・。
とりあえず、助かったぁ。ありがとうございます。

結局採血&診察だけで内診なし。セロフェンをもらっただけでした。メディカル
次はD12に来てねと言われる。

■9/23(祝) D15診察&採精・凍結
D12に来てねと言われていましたが、D12はシルバーウィークの真っ只中。
既に旅行のスケジュールがあったため、
またもや先生の指定日を全く無視して旅行から帰ってきたシルバーウィーク最終日D15に受診。

前周期はD14で採卵しているので、排卵済みの可能性もありましたが、
そこはもうあきらめで、「9月はこんなに遊んだんだから仕方ない」という覚悟はできていました。

また、D15で採卵の可能性もあるなぁと思ったので、
ダンナにも朝から一緒にKLCへ来てもらい、
せっかくなので採卵がなくても採精&凍結してもらうつもりでした。

診察の結果、まだ15mm前後が3つ。排卵はまだ先になりそう。
次回は二日後(D17)に診察となりました。
ダンナの採精も無事に完了です。
顕微前提なら2本に分けることも可能といわれたそうだが、1本まとめてにしたそうです。

■9/25(金) D17診察
仕事仲間には「午前中は外出」と偽って受診。
20mm,18mm,14mmが3つ。採卵はD19で決定しました。
20mmのタマゴさんがあと2日も待ってくれるのか、排卵しちゃうんじゃないかと心配でしたが、
ボルタレン坐薬を処方されました。
◇9/25(金) 24:00・25:00にスプレキュア
◇9/26(土) 18:00・24:00にボルタレン
それでも、9/26の日中(ボルタレン前)に排卵しちゃうんじゃないかって心配でした。

■9/27(日) D19採卵
7:50指定で受付。
8階へ移動しすぐにリラックスルームへ入室。ベッドで少し待つ。
8:30頃かな、採卵でした。
無事に二つの卵胞があり、採卵。あー排卵済みじゃなくて良かった。しかもふたつだし!たまごたまご
いちどOP室を出てベッドで横になりかけた時、もう一度名前を呼ばれました。
なにかと思ったら、
「暗がりでカルテみたら左10mmって見えたんだけど、良く見たら14mmだった。
取れるかもしれないからもう一回トライしよう」って。
呼び戻されることもあるんですね。
結果、もうひとつタマゴさんが採れました。合計3つです。超超超ラッキー!たまごたまごたまご
「もうひとつ採れて良かったね。」といったお医者様、マスクで顔半分隠れていたのですが、
初診でお会いした副院長先生だったような・・・。
まあいっかと看過しないKLCの先生に感謝です。

採卵後の診察では、「3つあるのでね、期待しましょう」と言われました。
そりゃ期待も膨らみます。

融解精子くんも元気なようで、ふりかけでいけることになりました。
家計が助かるわ~。
(最近めっきりお金がなくなってきたし)お金

■9/28(月) 受精確認
「3つ中、2つに受精が見られます。
もうひとつは不明なのでこのまま培養を続けて、明日もう一度確認します」
とのこと。
3つとも受精はするだろうと思っていたので、
早くもひとつのタマゴさんが脱落したことにショックを受ける。orz

■9/29(火) 分割確認
「昨日の段階で受精が確認できなかった卵も、分割が見られました。」
ということで奇跡の復活&3つのタマゴ全部が分割を始めてくれました。kao04
このまま3つとも胚盤胞まで成長してください!

次は10/4(日)の胚盤胞凍結確認です。
前回このハードルを越えられなかったので、今回こそはどうかよろしくです。


ちなみに、KLCで採卵に挑むのは4回目ですが、
1回目は排卵済みだったので、なかったことにして、
今回を3回目と考えることにしました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

10/5(月) 胚盤胞の凍結確認のため、KLCに電話をしました。

ホントは10/4(日) 13:00を指定されたのですが、この日は外出中で電話ができず・・・。
(「17:00までなら大丈夫」と言われたのですが、
電話ができる状態になったのが既に18:00過ぎで時遅しでした。)

なんだか最近、指定の日に行かない、指定の日に電話しない、そんなのばっかりです。
全体的にごめんなさい。

翌10/5(月)も仕事がなかなか手が離れず、結局電話できたのは16:00頃でした。

名前と診察券NOを伝えて、
昨日確認予定の患者なので、手元に情報なくて待たされたりするかなぁ、なんて思ったのですが、
全く待つことなかったです。

結果、
「3つのうち、2つが、凍結できました。」とのことでした。ほっ。
よく覚えていないのですが、「5日目」という言葉が聞こえたので、
世に言う「5日目胚盤胞」なんだと思います。

3つのうち2つ、ちゃんと凍結までできたことに安堵しましたが、
もうひとつのタマゴちゃんが脱落したことは、やはり残念で、少し落胆。贅沢でしょうか。

脱落タマゴちゃんはどうだったのかというと、
「胚盤胞にはなったのですが、その後、凍結基準のサイズまで大きくなりませんでした。
赤ちゃんにならないタマゴでした」
ということです。

前回採卵(採卵数1個)でのタマゴちゃんも胚盤胞までは育ったけど、
その後大きくならなかったので、同じです。


とりあえず、2つが育ってくれたことに感謝です。
ダンナも喜んでくれて、その日は家で祝杯をあげました。
(ワタシはもともとお酒飲めない人なので、ダンナだけひとりですっかり酔っ払ってた。)

ソフィアAを飲みきって、生理が来たら、移植周期に入ります。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

本日10/16、D5です。
去る10/12、無事にリセットしました。予想より一日遅れでリセットです。
3連休は旅行にいってたので、生理の訪れが最終日にずれ込んでくれて助かりました。
せっかくの旅行、出血のことなんてあまり気にしたくないので。。

そして今周期は、凍結胚盤胞の移植になります。

お迎えにあたって、もっと体を整えておかなくちゃ~と思うものの、
ちょっと仕事が忙し目なこともあり、
なかなか思うように規則正しい健康的な食生活を送れていません。
努力が足りないんだけどね~。

夜ごはんはまったく作れず、ほぼ毎日スーパーでお弁当だの、お惣菜だので済ませちゃってます。
作って食べて片付けてってやっていると、たぶん睡眠時間が短くなってしまうので、これは仕方ないかな。。。
やっぱ努力が足りないかな?

朝ごはんはまったく食べずに家を出る。もし時間に余裕があれば朝マック。
やっぱりマックとかって体に悪いんだろうなぁと思いつつも、ついふらっと寄ってしまいます。

最近サプリはなんにも飲んでない。ビタミンもカルシウムも葉酸も、きっとすべての栄養が足りないはず。
コーヒーも紅茶もがんがん飲んで、カフェインとりまくりだし。

まずいですね。。
サプリだけでも飲もうかなぁ~。

次はD14に診察です。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

今日はとっても良い天気。太陽
週末はプチ旅行だったこともあり洗濯物がたまってます。
今朝は1回洗濯機まわして、干して、出勤しました。
こんな日は仕事なんてしてないで、一日休んでじゃんじゃん洗濯したいです。
シーツとか大物を全とっかえしたい!
今週どこかで一日、天気のよさそうな日に会社休んじゃおうかな。。
・・・なんて・・・いろいろ予定入ってるので無理か。

ところで、今周期は移植周期なのですが、
移植周期に、何も知らずにすくすく育ったタマゴちゃんは、どうなるのでしょうか。
採卵せず、タイミングもとらず、捨て?

治療に関しては何も考えていなそうなダンナも、
「今回はどうするんだっけ?採卵しちゃえばいいのに、もったいない。」とか、
「いちおうタイミングとって、奇跡的にふたごってのもありじゃないの?」とか、
この週末、そんなことを言っていました。

タイミングについては、
妊娠できないからIVFしているわけで、
ふたごちゃんになる可能性なんてほんとにほんとに小さいと思いますが、
ふたごちゃんってのは、かなりリスクが高く、超大変ってのを、
治療を経てふたごちゃんのママになられたブロ友さんの記事で読んでいるので、
タイミングは取らないほうがいいんじゃないかと、ダンナには言いました。

では、採卵か?

そもそも採卵からひとつき置いて移植としている理由は、
薬からフリーになって体を休める為、と認識してます。
だから、もし移植周期に採卵するとしたら薬は使わない?ので、
排卵コントロールできずにうまく採れないかもしれない。

しかもセロフェンを飲んでいないので、うまくとれたとしてもひとつしか採れないんでしょう。
育ってくれてるかどうかもよくわかんないけど。

それでも採卵にチャレンジするか??
いちおう次の受診D14で、先生に聞いてみようと思います。
すんなり、「じゃあ、採卵しましょう」という話になって、
仕事のスケジュールもOKなら、やっちゃおかな。

とはいえ、問題が。
・・・お金がないんだよね。夏から旅行だ治療だで、かなり赤スレスレのところなのです。
貯金に手をだすのは、ちょっと抵抗アリだし。。
ダンナにもちょっと出してもらおうかな。。。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

KLCからの請求書が届きました。

約25万。

内訳は

採卵 \120,000
胚盤胞培養と凍結 \120,000
プラス消費税

な感じでした。

KLCに転院してからの費用は、おおよそ80万です。
不妊治療はわたしのお給料だけでやりくりしようと思っていたのですが、そろそろ限界。

今後の方針として選択肢は以下3つ

1.ダンナに少し援助してもらうようにお願いする。
ダンナにはせっせと家のローンの繰り上げ返済をしてもらっているのですが、
その分、治療に回してもらおうかな。

2.ワタシのお給料だけでという原則を徹底する。
ダンナの拠出を求めたりするときりがなくなっちゃうかもしれない。
出せる範囲は守ったほうがいいのかな。
凍結胚盤胞ちゃんは、今ふたつストックされているので、
今後2周期は採卵せずに移植に徹底すれば、
12月になればボーナスが入るので、自転車操業ですがなんとか継続できるかな。

3.貯金額削減&取り崩し。
もっともやりたくないけど、毎月定額で貯金しているのを停止&貯金の取り崩しをするか。。
いやダメか。
そろそろうちの車もボロボロなので買い換えないといけないので、
その資金に手を出してはいけないか。。

気持ち的には2番です。
なので、今周期・来周期に育ったタマゴさんはさようなら~です。
とりあえずダンナにご相談します。

ああ~!

12月は年払いの生命保険や車検やいろいろあるんだけど、どうすんだ。
家計管理はかなりどんぶり勘定でやってきたから、わけがわかんないよ~。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

うちの会社では、季節性インフルエンザ予防接種が11月2日から開始されます。
そしてワタシの生理周期では、11月2日はD22です。

排卵がたぶんD16くらい。
排卵5日後に移植であれば、D21くらいに移植。
インフルエンザ予防接種が受けられるのは、どうしても移植後になってしまう予定。

移植後のインフルエンザ予防接種って・・・やっぱだめかなぁ・・・。
やめたほうがいいってなるかなぁ。
Webでちょこっと情報を探したのですが、
移植周期にインフルエンザの予防接種を受けて、移植が延期になったという話もあり、
反対に、構わないから受けたほうが良いと言われたという話もあり、
なにがいいんだか、全然わかりません。

とりあえず、今度のKLCでの診察の時に聞いてみよう。
個々の病院の方針ってのもあるんだろうし。

もし次の移植が残念な結果になったら、そっこう予防接種ってことになるかな。

**

新型インフルエンザについても、会社ではちょこちょこと休んでいる人が出ています。
ただし、だいたいの人は、お子さんがかかったから出勤見合わせという感じで、
本人がかかったケースって、あんまりありません。

妊婦になったあとに新型インフルエンザにかかりたくないので、
前周期の採卵後~今周期の生理終わる頃くらいまでの3週間くらいの間に感染しちゃって、
免疫つけてから妊娠にのぞみたいなぁなんて、ほんの少し考えたりしたのですが、
感染しませんでした。
そんな都合よくはいかない。

だからといって、インフルエンザ患者がたくさんいる病院とかにいって、あえてもらってくるのもおかしな話で。
この先もかからなければ、それにこしたことはないんだし。

**

やっぱ手洗い&うがい&しっかり食べてしっかり寝ること、ですかね。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

今日(10/26)は雨もひどいし、とても寒いです。雨
そんななか、久しぶりにKLCに行ってきました。
(前回の採卵(9/27)以来、ほぼ1ヶ月ぶり)

やっぱり天気が悪いからかすごくすいていて、トータル1.5時間で終了でした。

今日は、凍結胚盤胞移植に向けての診察。
とりあえずいつものようにすぐに採血で、採血後は内診でした。

卵胞がひとつあり、まだ排卵していない様子。たまご
しかもサイズは15mm。排卵はあさってか、しあさってか。まだまだです。
内膜も画面上では7.5mmと表示されていました。こちらもまだまだです。

その後、少々待って、診察でした。
いつもは女性の先生なのですが、今日はいらっしゃらないのか、初めての先生でした。

先生:
「glicoさんね、明日、また来れる?
移植日ですが今日はまだ決められない状態。明日になれば決められると思います。」


ガーン!
明日は午前中も午後も打ち合わせでいっぱいだ~。ビックリ

・・・と思ったのも一瞬、
あれ?KLCって結構遅くまで午後診察してるんじゃなかったっけ?と思い出し、

ワタシ:
「午後でも大丈夫ですか?何時までにくればいいですか?」

先生:
「午後でも大丈夫です。18:30までにエントリーすれば大丈夫です」

だって。

明日の打ち合わせは、たぶん17:00には終わるから、
それから会社を出ても18:30には間に合うはず。
助かった。

そして
先生:
「移植はおそらく、11/2(月)か、11/3(祝)になると思います。」

凍結胚盤胞の移植はまるまる一日かかるみたいだし、
平日だと会社を完全に休まなくちゃいけないから、
できれば11/3の祝日がいいなぁ。

また明日、KLCへ行って、移植日決めてきます。

それにしてもなにを基準にして移植日を決めるんだろう。。
排卵日が基準になるのかな?
排卵前の採血と内診で、間違いなく移植に適した日が分かるんだろうか。。。
勉強不足なわたしは、この辺が全部ブラックボックスで、
(採卵日の見極め方法とかもわかんないし)、
見えないだけに心配。
移植日決定ロジックとか、公開してればいいのに。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

D16(10/27)、移植日が決定しました。

D15も診察に行ったのですがまだ決められないということで、二日連続のKLC通いとなりました。
このあとは移植当日まで通院なしです。

D16は午前も午後も仕事で打ち合わせが詰まっており、解放されたのが17:00過ぎ。
KLCは18:30まで受付しているので、17:00まで打ち合わせがあっても間に合います。
助かります。

締め切り10分前に駆け込み受付。
だいたい採卵近くになると、午前診察を指定されることもあり、
こんな遅い時間には、あんまり人がいないんだろうなぁと思っていましたが、
そこそこ混んでいましたし、そこそこ時間もかかりました。

午後は8階診察がなくて、4階だけでの診察なので、その分集中しちゃうこともあるんでしょう。
ただ絶対数は少ないと思います。

採血→内診→診察。

内診では、卵胞がひとつ。17mmでした。
D15の午前中に15mmだったのに、D16午後で17mm。ちょっと成長が遅い気がします。
そして内膜だと思いますが、9.5mmという表示。
前日は7.5mmでした。こちらは順調に厚くなっています。(聞いてないけど、内膜の測定値であってるかな。)

そして診察。
先生:
「あと2日で排卵します。排卵後5日目に移植なので、移植日は11/3(祝)ですね。
今日スプレキュアをしてください」


ラッキー。お休みの日に移植になりました。
移植は丸々一日潰れてしまうので、できれば会社を全休したくなかったので、超ラッキー。

先生:
「移植の当日にホルモン値を測定して、もし値が悪ければ、移植キャンセルとなることもあります。」

ワタシ:
「ホルモン値を良くするために、できることはありますか?」

先生:
「ありません。(キッパリ)。この後看護士から説明があるので、外でお待ちください」

診察室を出て、中待合で待ちます。
待っている間、他の患者さんが次々と処置室に呼ばれて、看護士さんからの説明を受けています。

中におひとり、わりと声の大きな看護士さんがいらっしゃって、
「・・・・スプレキュアは診察の時は必ず持ってきてください。
生理中だとしても診察時に使うこともありますので。
・・・・使用回数は管理されていますか?・・・・」

と、スプレキュアを持ってこなかった患者さんへ注意をしている様子・・・。

まずい、ワタシも持って来てないっす。
あーあ、怒られちゃうかなぁと覚悟して、名前が呼ばれるのを待ちました。

「glicoさん、処置室へおはいりください」と呼ばれ、移植当日の流れについて説明されます。
そして、スプレキュアについては、カルテをみて、
「今お持ちのスプレキュアは12回使っていますよね。今は残量ぎりぎりなので、しっかり立てて噴霧してください。」とやさしく説明されました。
怒られずに済んだ。しかも使用回数まで数えてくれました。

お会計が済んだのが20:30。

次回は、移植です。
それまでに食生活もうちょい改善して、体調整えなくちゃ!
コーヒー紅茶緑茶(カフェイン)も少なくしよう。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活


本日10/30(D19)です。
11/3の凍結胚盤胞移植が決定しており、今日は移植の4日前です。

タイトルの通り、今朝の体温は36.36℃でした。

ガーン。
ていうことは、まだ排卵してくれてないのかな・・・・・・・・・。

10/27(D16)の夜にスプレキュアしました。
予定では、昨日10/29(D18)に排卵して、今朝は体温が上がっているはずだったのに・・・。


胚盤胞移植は排卵後5日目に行うということなのですが、
ほんとに排卵が一日ずれちゃったとすると、排卵後4日目の移植となってしまいます。

大丈夫かなぁ・・・またまた不安。

移植当日の採血で、ホルモンの値が問題がなければ移植できちゃいそうなんだけど、
排卵後4日目とか5日目とかっていうのは、確実にホルモン値に反映されるから、
それだけみて問題なければOKなんだろうか。。


そもそも、体温が上がるのが遅れているだけだったらいいんだけど。

どうか、昨日のうちにちゃんと排卵してくれてますように!



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。