2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!
プロフィール

::glico::

Author:::glico::
30代中盤。育児休暇中。

2009年11月 KLCにて3回目のIVFで陽性、2010年7月出産しました。2011年、2人目をめざして治療再開します!

■2006年10月~2007年7月
 自己流タイミング実施。

■2007年8月
 初めての妊娠。7Wで完全流産。

■2007年10月~2008年2月
 自己流タイミング再開。

■2008年3月~2009年2月
 病院デビュー。
 検査&タイミング治療。

■2009年3月~2009年5月
 AIHを3回実施。NG。

■2009年6月
 KLCへ転院。完全自然周期で
 IVFトライするも採卵できず。

■2009年7月(IVF1回目)
 完全自然周期で採卵・移植
 (新鮮胚4分割) → 陰性。

■2009年8月(IVF2回目)
 クロミフェン周期で採卵
 胚盤胞になるも成長が止まる。

■2009年9月(IVF3回目)
 クロミフェン周期で採卵。
 2個の胚盤胞を凍結。

■2009年11月
 胚盤胞移植→ 陽性を頂きました

■2010年7月
 出産しました☆

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ
最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はこのニュースでアタマがいっぱいです。

不妊治療で待望の赤ちゃんを授かったと思ったら、
別の夫婦の受精卵と取り違えていた可能性があるため、中絶。


妊娠を確認したときは、そのご夫婦は、
幸せに満ち満ちて、期待に胸を膨らませて、
家族が増えることを本当に楽しみにしていただろうと思います。

それが、

自分たちの赤ちゃんではないかもしれない

それを聞いたときのご夫婦の苦しみを考えると、
仕事中なのに涙が出てしまいます。

しかも、

取り違えていた「可能性」

他の人の子どもかもしれない。
でも、自分たちの子どもかもしれない。

中絶を決めたご夫婦はどんな気持ちだったろうと考えると、また涙がでます。

そして怖いのは、野田大臣の「本当にこの1件だけか」という言葉。

命を扱う医療現場で、命の操作がルーティンワークになっているかもしれません。
医療従事者も人。
仕事に対する熱意や正確さは、
日々の疲れや体調や気分であがったり下がったりするのは仕方のないことと思う。
人に対してだけ正確さを要求しても、なんらかの原因で失敗する可能性は残ります。
だったら、どれだけぼけーっと仕事しても絶対間違わないようなプロセス作りが大切。

私の通っている病院は、大丈夫だろうか。

仕事の調整がつけば、今週期はステップアップして初AIHを、と考えています。
そんな状況でのこの報道。
なんともいえない気分です。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんがほしい - ジャンル:結婚・家庭生活

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。